北海道大学占術研究会

タロットカードの一枚目、始まりを象徴する「魔術師」のカード

団体紹介

こんにちは、北海道大学占術研究会です。占い研と呼んでください。
占い研では、古今東西で用いられてきた占術を歴史的、文化的に研究するとともに、実践的に占術を行うといった活動を通じて、世の中に対する多角的な見方を獲得することを目的としています。
お堅く書きましたが、要は占いをやろう!というサークルです。占いはよく「当たる」とか「信じる」といった述語を使われますが、そういうのって実はどうでもいいんです。西洋の占星術の発祥は古代バビロニアの暦が、東洋の易占いは五経のひとつである易経が基になっていて、そういう歴史的な蓄積をポップな形で触れられるのが占いだと思います。わたしの好きなタロットカードなんて、もともとただのカードゲームですが、そこに書いてある絵に対して「こういう見方もあるのか」という読みを発生させるというのがタロット占いの楽しいところです。
さて、長々書きましたが、占ってみたい方、占われてみたい方どちらも大歓迎ですので是非お気軽にご連絡ください。

データ

人数 5人
設立年 2021年
活動頻度 不定期
メールアドレス hokudai.uranai@gmail.com
SNS

スケジュール

活動
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
1月
2月
3月