学生団体HALCC

津別町のチミケップ湖の風景です!

団体紹介

HALCC(ハルク)は北海道大学公共政策大学院生を中心として、院生・学部生とともに「学生目線の地方創生」を掲げ北海道津別町を舞台に活動している団体です。
HALCCは「学生が主体的に地方創生について考える機会を作りたい」という思いで作られ、H28年度から活動をスタートしました。

・HALCCの活動の特徴として、
①学生主体の活動
②実際に町に赴き生の地方の現状に触れる
③町民の方との交流
④実践的なフィールドワーク
⑤津別町役場の方々のサポート
 ➡こういった活動環境により、実際に地方に赴き自分たちで手を動かして津別町を盛り上げる企画などを考え実行してすることができる!
➡大学の座学で地方の現状を学ぶ以上に、地方活性化の難しさだったりおもしろさに触れることができます!

・では、具体的に何をしてきたのかを去年(2019年度)の活動事例を用いて紹介します。去年は5つの企画を立ち上げ実行しました。1つ目は、「高大連携事業」という津別高校と大学生の共同で行う企画です。2つ目は、「大学生独自業」という大学生と町の方との協力で行う企画があります。
◆高大連携事業(津別高校と大学生の共同で行う企画)
①北大マルシェ企画 ➡津別町の特産品の調査、選定、販売を札幌で行いました。
②若者議会企画 ➡津別高校の学生とともに政策テーマをグループごとに分かれて与えて政策提案を行った。
  
◆大学生独自業(大学生と町の方との協力で行う企画)
③まる太くん企画 ➡津別町のマスコットであるまる太くんの新デザイン案を町に提案を行った。
④交流企画 ➡津別におけるHALCCの認知を目的に津別の方と大学生の交流の場を企画した。
⑤津別留学企画 ➡津別町の観光資源を生かした事業の提案を行った。
このような、企画を町役場の方や津別町民の方に企画として提案し、実際に津別町で何度かフィールワークを行い企画を行っていきます。

以上がHALCCの活動概要となります。少しでも地方活性化に携わってみたいと思っているひとであれば大歓迎なので皆さんお待ちしております!

データ

人数 12人
設立年 2017年
活動場所 津別町、北公会室など
活動頻度 不定期
入会・入部条件 地方創生に関わりたいという熱意さえあれば学年、所属関係なく大歓迎です!
年間費用 0円
SNS

スケジュール

活動
4月 企画立案、町の方との事務折衝。
5月
6月 企画実行開始(今年(2020年度)は6月27日から)
7月
8月
9月
10月
11月
12月 津別町で一年のHALCCの活動を町民の方に発表する「最終報告会」
1月
2月 来年度に向けての役場の方との事務折衝及びお疲れ様会!
3月