学生団体HALCC

津別町のチミケップ湖の風景です!

団体紹介

学生団体HALCC(ハルク)は北海道大学公共政策大学院生を中心として、院生・学部生とともに「学生目線の地方創生」を掲げ北海道津別町を舞台にフィールドワークをしている団体です。平成28年から「学生が主体的に地方創生について考える機会を作りたい」という思いで作られ、活動をスタートしました。現在は毎週金曜日18時30分からオンラインで例会を実施しています。

【HALCCの4つの特徴】
①「政策提言」
➡学生が主体となり現地調査・政策提言・企画運営をします。大学の中にいるだけでは分からない自治体の課題を現場から学び、解決策を検討、実行まで行うことができます。
②「現地訪問」
➡企画運営を行うため、月に一回程度津別町を訪問します。交通費・宿泊代は無料。コロナ禍においても最大限の注意を払いながら例年通り実施しています。
③「高大連携事業」
➡津別高等学校と連携して、「地域学」の時間内でワークショップ形式の授業を展開しています。
教育・まちづくり分野にプレイヤーとして関わることができます。
④「コミュニティ」
➡理系・文系、学部生から院生まで多様な学生が所属しているため、普段出合いにくい異なる専門を持つ同世代との交流をすることができます。

【本年度の2つの活動】
本年度は2つの柱で企画を実施します。

①「高大連携事業」(津別高校と大学生の共同で行う企画)
「みらいワーク」
➡高校生が大学生とコミュニケーションを取りながら10・20年後の未来を考える単発型のワークショップ
「高校生総合計画」 
➡高校生版の津別町総合計画を策定する通年型のワークショップ

②「大学生独自業」(大学生と町の方との協力で行う企画)
「ふるさと納税のさらなる成長に向けた戦略施策の提案」
➡ふるさと納税という枠組みを利用し、産業振興や地域資源の広報・PRを行う通年型の企画

【こんな人におすすめ】
☑「地方創生」や「地域活性化」に興味がある
☑専門分野の学びに現場の視点を加えてさらに深めたい
☑学業だけでなく課外活動にも取り組みたい
☑様々なバックグランドを持った学生と交流したい
☑北海道のことをもっとよく知りたい

【参加しようか迷っている人へ】
説明会や例会見学を実施しているのでぜひご参加ください!お申込みは「ウェブサイト」のGoogleフォームから!

データ

人数 12人
設立年 2016年
活動場所 オンライン、文系棟、津別町など
活動頻度 一週間に1回
ウェブサイト https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfGlILM4lw51W0k6LdgpM8r1qjGTEz2nAaB-6-7yz6SADeWgA/viewform
入会・入部条件 学部や学年など所属関係なく大歓迎です!
年間費用 0円
SNS

スケジュール

活動
4月 企画提案、津別町役場や高校の方との事務折衝
5月 会議、企画準備
6月 会議、企画準備
7月 高大連携事業開始(今年(2021年度)は7月16日から高校とワークショップを行います)
8月 津別町訪問、大学生独自事業開始
9月 津別町訪問
10月 津別町訪問
11月 津別町訪問
12月 最終成果報告会、津別町で一年のHALCCの活動を町民の方に発表する
1月 会議、次年度の企画立案
2月 来年度に向けての役場の方との事務折衝及びお疲れ様会!
3月 津別町訪問など

新入生の方から上級生まで所属を問わず大歓迎です!毎週金曜日18時30分からオンラインで例会を実施しており、見学も受付中です!